脇の黒ずみはムダ毛の自己処理で起こる!?

鏡で脇をチェックしたところ、黒ずみのような状態になったという体験をしたことはありませんか?光の加減でそのように見えているのだろうなどと改善しないでいると、色素沈着などになってしまいます。 脇の黒ずみは、今のムダ毛の処理方法を変えることで改善することも可能です。では、どのようにすれば良いのでしょうか。

08 2月

脇の黒ずみはムダ毛の自己処理で起こる!?

Posted in on 08.02.16

脇に黒ずみができる原因とは?

脇のムダ毛処理は、多くの人は美容カミソリで剃って処理をしているのではないでしょうか。実はこの自己処理方法が、黒ずみなどの肌トラブルを引き起こしていると言われています。
あるデータによると、男女合わせて100人の中で脇の自己処理をしたことがある人は約9割おり、その中で自己処理で肌トラブルを起こした人は約4割いました。その多くが、埋没毛や色素沈着などです。
埋没毛とは、カミソリや毛抜きなどで自己処理を行うことで毛穴の中に毛根が残り、それを継続的に行うと皮膚を傷付けてかさぶたを作る原因になります。かさぶたができると毛穴がふさがれるため毛が皮膚の外へ出ることができずに内部に留まって伸びてしまいます。これが埋没毛です。そして、この埋没毛が脇の黒ずみの原因にもなっているのです。
ワキにこのような小さな炎症が起こり続けることで、処理箇所がどんどん黒ずんでしまい、その結果色素沈着を招くこととなります。女性は様々なシーンで、ノースリーブやドレスなどを着用する機会がありますが、黒ずんでしまったワキが気になって、お気に入りの洋服を着用できないのは辛いことです。そのようなことにならないためにも、ワキの自己処理は避けた方が良いでしょう。

黒ずみを改善する方法と効果的な脱毛方法

色素沈着などで黒ずんでしまったワキを改善するには、まずは自己処理を止めることで皮膚への刺激を無くすことです。このような肌トラブルの原因はカミソリや毛抜きでの処理方法なため、これらからの刺激を無くすことで、悪化を防ぐことができます。また、色素沈着に効果的と言われている治療クリームなどを使用するのも良いでしょう。継続的に使用することで徐々に改善が見込まれます。ワキの場合は、誰にも知られずに治療ができるため、こうしたクリームも効果的です。
しかし、脇の黒ずみが改善されても、ワキのムダ毛処理はどのように行っていけば良いのでしょうか。ワキの処理方法で一番効果的なのが「ワキの永久脱毛」です。これは美容クリニックで施術が可能で、レーザー脱毛法などを用いて行います。ただし、ワキに何らかのトラブルがある場合には、レーザー脱毛ではやけどの危険性があるため行えません。その代わりに、フラッシュ脱毛を行うこととなります。
フラッシュ脱毛は、成長期の毛に対して光を照射して脱毛を行う方法で、レーザーよりも出力量が低いため、トラブルを起こしている皮膚でもやけどの心配をせずに施術が可能です。ただし、一度では全ての毛を脱毛することはできないため、何度か通うこととなります。
このような方法できれいなワキにしましょう。

関連ページ:埋没毛の悩みは永久脱毛で解消

No Comments »